知っておきたい葬儀のマナー

訃報を聞いたときのお葬式の作法

訃報を聞いたときのお葬式の作法の写真

葬儀の知らせは突然届きます。突然の知らせに動揺するのは当然です。訃報は、電話、手紙、メール、回覧板などで伝えられます。多くの場合、親戚や友人、知人などから電話で連絡が入ります。また、葬儀の前後に死亡通知という形で手紙が届くこともあります。訃報を受け取ると、近親者や友人、近所の人たちは、何があってもすぐに葬儀に駆けつけます。死の知らせを受けると、すぐに駆けつけます。誰が、いつ、どこで亡くなったのかを調べます。通夜や葬儀の日程がわかっている場合は、同時に宗派も聞いておきましょう。それ以外の場合は、故人との関係の度合いに応じて、お参りするタイミングを考えましょう。遠方に住んでいる近親者は、できるだけ早く来て、故人に最後のお別れをしましょう。遺族にお悔やみの言葉を述べた後は、お手伝いをしましょう。喪主の家族の中には、職場や趣味のサークルなど、故人や遺族が所属していた組織のメンバーが、行事の世話を引き受けてくれるところもあります。手助けが必要でなければ、助けを求めてもいいでしょう。手伝いが必要ない場合は、「またお通夜に来ます」と伝えて帰ります。通夜・葬儀に出席できる場合は、すぐに香典や供物を持参する必要はありません。

葬儀にすぐに参列できない場合

仕事などの都合ですぐに葬儀に参列できない場合もあります。出張などですぐに参列できない場合は、弔電を打ったり、妻が夫に代わって参列するなど、代理人を立ててお悔やみの気持ちを伝えます。後日、訪問できる場合は、弔電や電子メールを送ります。訃報を受けた人と連絡が取れない場合は、家族や同僚が代わりに訪問したり、弔電を打ったり、お悔やみの手紙を送ったりします。通常、訃報を受け取ったら、葬儀に参列するか、葬儀に参列できない場合は電報や手紙を送るのが正式なマナーですが、ある程度親しい関係にある友人や同僚、取引先などに限っては、電子メールでお悔やみの言葉を送っても構いません。また、訃報のお知らせをメールで受け取った場合は、メールでお悔やみの言葉を伝えた方が相手を思いやることができます。

メールを送る

お悔やみの言葉をメールで伝える場合、どのようにすればよいのでしょうか。お悔やみの言葉は、あまり長くならないように、できるだけシンプルに表現することが大切です。お悔やみの言葉とは、故人が亡くなったことに対する悲しみや嘆きを表し、遺族を慰め、気遣う言葉です。故人の突然の死により、遺族は通夜・葬儀の準備や弔問客への対応に追われています。当然のことながら、メールをじっくり読む余裕はありません。メールのタイトルや内容は、ひと目で内容がわかるように簡潔にします。しかし、お悔やみの言葉は、メールではなく直接会って伝えるべきものです。そのため、代用として使うことをおすすめします。

葬儀 府中 家族葬